人気ブログランキング |

身の周りのあれこれ。
by nonki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のコメント
 >タウエルさん こん..
by nonki1068 at 13:27
nonkiさんこんにちは..
by タウエル at 14:55
 >Nobuさん ご心..
by nonki1068 at 22:30
nonkiさんお返事あり..
by Nobu at 11:27
 > Nobuさん は..
by nonki1068 at 15:26
はじめまして。子供が耳下..
by Nobu at 12:16
> タウエルさん 当カ..
by nonki1068 at 13:32
nonkiさんこんばんは..
by タウエル at 21:28
 > Lionmidor..
by nonki1068 at 00:25
Nonkiさん そうか..
by Lionmidori at 19:36
カテゴリ
全体
★はじめに
●このブログについて
●お仕事日誌!?
 ├語句・漢字・表記
 │  └常用漢字
 ├苦手な作文、練習法
 ├校正という仕事
 ├編集という仕事
 ├編集・校正周辺の話題
 └校正関連リンク集
●日々雑感
 ├本日の良かったこと♪
 ├お子さま観察日誌
 ├じじばばとの暮らし
 ├季節のアレコレ
 │  ├「荒れ庭」通信
 │  └放ったらかしツルバラ
 ├機器とワタクシ
 ├音楽・ビートルズ
 ├種々の感想文
 ├色彩への興味
 ├健康増進会?
 │  └耳下腺腫瘍日記
 ├猫さん
 ├内観&夢日記
 ├読みかじり算命学
 └拝啓 ~○歳のワタシへw~
検索
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...
フォロー中のブログ
編集者のかきくけこ
NOWHERE★LAND
OPQR 日々
太平洋に米粒
ある編集者の気になるノート
I spy with m...
よみたんよみまき
神変紅丼
NOW PRINTING
紙人~かみんちゅ~
だまらんど
she's inn
biwamap
オオタガキセイコ・日記
towel-N手帖
カリフォルニアで彩食健美
音楽 おかわり
ファン
画像一覧
ブログジャンル


鳩サブレのパッケージが楽しくなっていた件(笑)

●母の横浜土産の鳩サブレ6枚入り、ボール紙製の手提げが楽しいことになっていた! いつの間に? 記事を書いた後で調べたら、2011年から本店限定デザインなんですって♪

まず外観。自立する箱。
a0035821_18220259.jpg
表面(画像上)は老舗のパッケージを現代風にデザインし直した程度。でも裏面(同下)が、なんか賑やかでカラフルね?

まず取手は青空。左下に修学旅行でテンション上がりっぱなしと見られる学生服の男子学生鳩たち(笑)。それを注意している先生も両手に鳩サブレの袋w

それを尻目に静かにすれ違う鳩カップル。若そうだし、もしや……少し緊張しながら結婚のご挨拶に鳩サブレを持って? 老舗の入り口には、これからお土産を買う子ども連れの一家4人……じゃなくて4羽(笑)。少年鳩の背中には「810」=「は・と」! 右下は、小さい二人兄弟にサブレを持たせて「これでも食べてなさい」となだめるお父さん?( *´艸`)

漫画だ! ストーリーがいくつも想像できる!


●遊びはこれだけじゃない。側面にもあまたのストーリーが!
a0035821_18355300.jpg
(ここを開けてサブレを取り出す。どちらからでもオーケー) 
左側は修学旅行生の続き、右は……配送担当者?

a0035821_18375871.jpg
フタを開けると、それぞれの気持ち? が書いてある。※左右が不統一でわかりにくかったですね、失礼!(職業病で気になるw)

修学旅行生は「いざ鎌倉!」。よく見たら学ランの中に赤いTシャツを着た、ちょっと威勢のよさそうな(ヤンキー風)鳩くんが、頬を赤らめて女子学生鳩の後ろを歩いてるw これから告白しようとしてるのね!?www その心境を表しているのか(笑)。

配送担当者の方はトンネルの中? 「いま鎌倉?」とぼんやり思っているのかな。韻を踏んでいる。昨今厳しい配送業界への、豊島屋さんの心配り? それとも自社で配送網があるとかのアピール……かな? いずれにせよ、配送ご担当者への労いのようでもあり。

労いと感動は、人目に触れない箇所にまで及ぶ。フタを開けた状態で上下をひっくり返すと……
a0035821_18510142.jpg
底面にも配送さんがいた!(右上)

なら、修学旅行編の底面には何があるだろう、と見ると……!(左下)

大変ヤンチャをしてそうなリーゼントの学生鳩が、お母さん鳩に「これ、修学旅行土産」って渡してる! 普段、こんなことをするとは到底思えない荒くれた生活をしていたであろう息子の気持ちに「まあ!」と言葉にならない感激をしているお母さん……。ニヤッ&ホロッとさせられる。

配送事情以外は全体的に昭和感・同世代感が漂う(服装とかヤンキー感とかw)。でもセリフなしでも、ここまでストーリーを読ませるパッケージ……相当チカラ入ってるよね!? おかげさまで楽しませていただきました。笑った~(≧∀≦)。

*****************************************************
※当ブログ内の広告は、作成者「nonki」個人の意図しないものです。内容も保証いたしません。
広告リンクの閲覧は、自己責任でお願いいたします。

*****************************************************




# by nonki1068 | 2019-07-12 19:09 | ●日々雑感 | Comments(0)

両親のスマホ、その後……

●実は6月、私は体調を崩していた。5月に大きな仕事が続いて、緊張でもしていたか。6月に入ってからグダグダで。勤務も1回休んでしまい、食べられなかったから体力も筋力もさらに落ちて、落ち込んだ。まだ体調も回復しきれていない月末、両親のスマホだけはクーポンの〆切があったから購入について行ったのさ。

●あれから10日余り経ちましたか。最初はスムーズな使用も危ぶまれていた後期高齢者の両親。でも、徐々にスマホに慣れてきた。父は未だに電話に出るのに苦労しているけど、5歳年下の母はLINEも使い始めた! 二人で同じ機種にしたため、父が操作のわからない点を母が教えるという……その時の距離感、とても新鮮。未だかつて、我が家でこんな構図が見られたことがあっただろうか。いや……。平和だぞ!? なんか見たこともない景色だよ!?(万歳)

●って、平和だったのも束の間。父がまたタバコを吸い始めたと判明。もうね、ただ立っているだけの時の呼吸が溺れてる人みたいになるし、痰が絡んだ咳をするしで、吸っていることはすぐわかる。っていうか、タバコが原因でガンになって動脈硬化になって狭心症になったし、血痰まで出て入院したのは、まだ8か月前なのにね。あの入院時の苦痛を、もう忘れたんかいな……orz(がっくり)。

……って調子で、ちょっとグチらせていただきます……(^^;)。



More ------------------------  (広告はブログ作成者の意図しないものです)
# by nonki1068 | 2019-07-10 03:14 | ●日々雑感 | Comments(0)

高齢者ふたり、スマホを手にするの巻

●「美空ひばりと同い年」が自慢(?)の父と、こないだ喜寿を迎えた母が、ついに一昨日スマホデビューをした。

こちら側に乗り換える必然性は「ほぼ」なかった。厳密に言えば、母は「スマホでキレイな写真が撮りたい」とは言っていた。伯母がLINE使いなので、LINEにもそこはかとなく興味は持っていた。

でも利用中の大手キャリアが「停波するから、クーポンをあげるから乗り換えてくれ」と言ってきた。

本体代が6,000円台で買えるチャンスなんて今後も恐らくないだろうから、誘いに乗り、クーポンの有効期限ギリギリに手続き終了。これに関して思うことあれど、グチになるので、また別記事にでも……(^^;)。


●少しは「スマホにする気になっていた」母はヨイとして、問題は父。


More ------------------------  (広告はブログ作成者の意図しないものです)
# by nonki1068 | 2019-06-29 17:26 | ●日々雑感 | Comments(0)

百歳近いお客さま!

●短歌を嗜む母が、物好きにもインターネット古書店から購入した本が到着。

ほげ~、「大正11年」再版! 

大正(14-11)+昭和63+平成31=97年前の古書!? 2019年の大河ドラマ「いだてん」の、現在放送されている辺りの時代ですな! ※どことなく「図書館の本だった」雰囲気のある奥付。なお、上記数字ですが、大正14年と昭和元年の切り替わりおよびダブリなど厳密に調べるのは面倒なので、概算として不問にてお願いいたします(笑)。
a0035821_16510351.jpg
上の画像の奥付に記載の電話番号が、「九段○○○○」で、たったの4桁! 電話をかけるときに交換手に4桁の番号を伝えてつなげてもらう時代だたんですね……当時、各家庭はおろか、個人ひとりひとりが電話を持て歩く時代が来るなんて、誰も想像しなかたでせうね……! 

a0035821_16512291.jpg

現代語(?)で書いたら「定価 二円二十銭」「東京神田南神保町」だよ!? 「2円20銭」が現代のいくらに相当するかわからないけど、この本は箱入り&天・地・小口が金付け(?)の豪華本でしてよ! 金はだいぶ剥げ落ちていたし、「箱はありません」状態で届いたけど☆

……令和になっても何も変わらないよ、と思っていたけど、大正が「ひどく遠い昔」に感じられるようになったな……。※子どもの頃には、じぃちゃんばぁちゃんが明治&大正生まれだったりして、感覚的にギリギリ「まだ身近な時代」だった。今の子どもたちにとっての「昭和」が、そんな感じ……なのかしらん。

こんな古書にお目にかかることは(一般人には)滅多にない昨今。以下、旧字体の活字の世界をお楽しみください♪(笑)




More ------------------------  (広告はブログ作成者の意図しないものです)
# by nonki1068 | 2019-06-03 17:48 | ●日々雑感 | Comments(2)

投げ出さない、逃げ出さない私(笑)

●最近、炊飯ジャーのフタが開きにくい。老父が、フタ開けをすぐに投げ出す。ああ、私がすぐ後ろ向きになって「できましぇ~ん!」と、体育のマット運動の後転やら、部活の部長やら、正社員の座やら(笑)から遁走してきたのは、父からの遺伝だったか(^-^;……と一瞬思って、苦笑しかけた。

●けど。投げない、逃げない自分もいるよ? と思い直す。いま請けている記事まとめ仕事、冷静に考えたら力不足なんでないの? 「知らないジャンルで知らない用語」&「難しいお話」が多い。でも逃げていない。それどころか依頼があった時、「来いよ!」とすらwww

●そういえば20代の会社員時代、上司に「あなたは気が小さくて慎重そうに見えて、意外に大胆ですよ(ニヤリ)」と言われた。自信なさの塊だった当時は、「どこが!?」とビックリして聞いていた。今ならわかる。無知なのにこのたびの仕事に飛び込む大胆さ(ニヤリ)。

なんか根拠なく、できそうな気がしてね……。

※根拠が全くない……ってわけでもない。一応うっすらとある(笑)。
(1)クライアントさまだって、できそうにない人には仕事は回さないだろうし。
(2)正解はない仕事だから、持てるすべての力で最大限のできることをするしかない(しておけばよい)だけのことだからね。あと
(3)学生時代、ろくに勉強していなかった教科のレポートでも、適当に捏造して卒業できた実績もあるし( *´艸`)。
……こんな根拠もまったくの後付けだけど(笑)。

●言っておくけど確固たる自信などというものは、相変わらずない。けど、逃げ出さずに立ち向かう自分もちゃんといる。そして「私は逃げ出してばかりじゃない!」と、このたび初めて認識を書き換えできた。

コレ、大事♪ 

なんで、そのことに何十年も気づかなかったんだろう? ペンダントライトの話でいえば、恐らくよっぽど、気持ちに余裕がなかったんだね……(≧∇≦)。

*****************************************************
※当ブログ内の広告は、作成者「nonki」個人の意図しないものです。内容も保証いたしません。
広告リンクの閲覧は、自己責任でお願いいたします。

*****************************************************




# by nonki1068 | 2019-05-21 02:21 |  ├内観&夢日記 | Comments(0)

仕事のこと、SNSのこと

●これまでで2番目に大きな仕事、いただき中。大きいうえに納期までが短い。ブログを書いている場合じゃない。でも現実逃避(^^;)。だって新規の用語がいっぱい出てきて、しんどくなったから(笑)。すぐ作業に戻らないと~(>_<)。

●外仕事で花壇作りをし、目に見える成果。花が咲いたってだけではなく、お客さんからも同僚からもいっぱい言葉をもらう。たとえそれが「大人の社交辞令」だとしても、生身の反応は嬉しい。メールだけでやりとりする家仕事にはない刺激。……自分の「承認欲求」の強さを痛感し、苦笑。

●実はブログ更新がまばら……に見える現在もずっと、思うことを書いてはボツにしている。「こんな目的もない長文、誰が読むのよ!?」って(笑)。こうしてSNSの「つぶやき」レベルで三段落くらいにムリヤリ収めた方が考えがまとまる。膨大な(いらん)情報が流れてくるのは当方の情報処理のキャパを超えるので、ついったーはしない☆ 必要な情報だけ取りに行きたい所存(笑)。

*****************************************************
※当ブログ内の広告は、作成者「nonki」個人の意図しないものです。内容も保証いたしません。
広告リンクの閲覧は、自己責任でお願いいたします。

*****************************************************
# by nonki1068 | 2019-05-17 14:50 | ●日々雑感 | Comments(0)

カタバミ図鑑

●お口直しに、最近はまっている植物の画像(笑)。昨年秋あたりから、にわかカタバミ(オキザリス)コレクターになりまして(^^;)。道ばたで三枚葉を見つけては「おぉっ、これは何カタバミ?」と寄っていくように。 ← ただの不審者化(≧▽≦)。

a0035821_01270911.jpg
※左上から時計回りに、ハナカタバミ/フヨウカタバミ/イモカタバミ×2/アカカタバミ(葉が赤い)/カタバミ/キバナオオカタバミ(花が大きめ)/オキザリストリアングラリス(紫の舞/緑の舞)。ハナカタバミと三角葉のトリアングラリス(緑)は@荒れ庭(笑)。

a0035821_01274963.jpg
※同、続いてシロバナイモカタバミ/タチカタバミかオッタチカタバミ(黄色の花×2)/ムラサキカタバミ/ベニカタバミ。多分。これまで目撃できたのは、多分計12種類♪ 黄色いタチカタバミとオッタチカタバミの見分けは、まだできなくて(^^;)。やっと特徴を覚えたから、次回職場の庭で確認してこようかとw


●「同じようなピンクの花ばかり見せられても、わかんないよ!」……まあ、そうおっしゃらず(^^)。並べてみたら微妙に顔つきが違うんですよ♪
a0035821_01280738.jpg
※同、秋に咲いて、子どもが描く「お花」みたいに花びらが真ん丸いのが「ハナカタバミ」(別名:オキザリス・ボーウィー)。/花の期間は割と長い(昨秋~5月)けど、夕方5時過ぎには花がしぼんじゃっているのは多分「イモカタバミ」。/5月になる前後にワーッと咲き始め、夕方でも開いている花が目立つのが恐らく「ベニカタバミ」。/花の真ん中が黄緑色なのが「ムラサキカタバミ」。 ← と訳知り顔で書いてみたけど、インターネット情報からの推測だからね、正確ではないよね。サイトの中には明らかに「ハナカタバミ」なのにキャプションに「花びらが丸いからベニカタバミ」なんて書いているところもあったから……(^^;)。サイトの信頼度×多数決で品種を推定しています(≧▽≦)。

「イモカタバミ」「ベニカタバミ」の違いがわから~ん、とお嘆きのアナタ!(私以外にいないか、そんな人w) 確かに、ネット上で専門用語だらけのサイトを読んでもよくわからない。けど、二つを並べて比べたら結構いろいろわかりやすく違うんですヨ♪ ホントにこの2種類が「イモカタバミ」と「ベニカタバミ」なのか、図鑑などにあたったわけではないので不確かですが(笑)。似ているけど明らかに違う2種、仮に「イモ……」と「ベニ……」だとして話を進めます(≧∇≦)。
a0035821_02022078.jpg
※同、花の顔つきと大きさ/つぼみ/花の数/葉の形状の違いを観察(花や葉の色は、夕日で赤っぽく写っているので参考にならずorz)。すべて左が「イモカタバミ」、右が「ベニカタバミ」(仮)。
※花の顔つきと大きさ:ベニさんの方がやや花びらの根元が細いかしら? 花の大きさは、イモさんは葉より小さく、ベニさんは葉より大きいことが多いような?
※つぼみ:ここが大きく違う! イモさんは色白、ベニさんは酔っ払いw
※花の数:イモさんは6個以上、ベニさんは3個まで(最大でも4個:ご近所の群落調査結果w)。
※葉の形状:イモさんはハートのくぼみがクッキリ、くぼみのところに黒い点があることも? ベニさんはハートのくぼみが「ない」か、あっても浅め。そして毛深い。いや、どれも毛は生えているから、単体で見てもわかりにくいんだけど(^^;)。いろんなサイトに「ベニさんの葉は光沢がある」なんて書いてあるけど、正直私の見たこの2種に限っては光沢認識できず(≧∇≦)。
 → 単体でもわかりやすいのは、つぼみの色と、ひと房の花の数、だね!


●ピンクのカタバミは、見分けられるようになるのに数か月かかった(好きになったのが花の季節じゃなかったからねw)。白もなんとなく、わかるようになった……かも?
a0035821_01283719.jpg
※上段が「シロバナイモカタバミ」。葉がハート型の集まりで、花の数がやたら多い!(花数を数えてないんだけど、「これでもか!と群れ咲く」印象w 季節によっては少なめに見える時期もあるかも?)/下段が「オキザリス・トリアングラリス」。葉っぱがトライアングルみたいに三角形♪ でもこれ、鉢で育ててみてわかったんだけど、葉っぱの出始めはわりと丸みを帯びています。三角形だとわかるのは、花が盛んに咲いている5月よりは秋口とかかな? 花数は「シロバナイモカタバミ」よりは少なめで、ひと房に3、4個かな。

いまカタバミさんたちがたくさん咲いているから、黄色い花の見分けレポートをあとで追記しておこう(無事に別種のカタバミたちが確保できたらw)。


……ということで、まさか自分がこんなにカタバミ類(と各地の草抜き)に力を入れるようになるとは思ってもみなかったよ(≧▽≦)。


●余談。

昔は自分のことがわからなくて、「職業適性検査」とかさんざん試して首をひねっていた。けど、今ならハッキリわかる。

カタバミを好きになったとあらば、こうして写真を撮りためて一覧を作る(笑)。好きなら道端の雑草をじーっと観察することも厭わない(≧▽≦)。

 → 校正作業にしろ雑草抜きにしろカタバミ図鑑(?)にしろ、とにかく「丹念な作業」が好きで「凝り性」であるw 「丹念にやれば成果が上がる仕事」に大変な適性を(勝手に)感じたww

だから、そういう丹念さと凝りが生かせる(かつ、できればもう少しお金が入るw)仕事をすれば良いのさ♪ ○十にして発見♪(≧▽≦)

*****************************************************
※当ブログ内の広告は、作成者「nonki」個人の意図しないものです。内容も保証いたしません。
広告リンクの閲覧は、自己責任でお願いいたします。

*****************************************************




# by nonki1068 | 2019-05-11 02:24 |  ├季節のアレコレ | Comments(2)

やる気さえあれば動ける件

●いつの間にか元号が変わったけど、生活は変わりなく。相変わらず体力のない日々。でも「週末のフルタイム半肉体労働」には、ちゃんと朝起きて通えている。1回だけ体調不良で休んだけどね。とてもよい職場であるため、超正直な身体はちゃんと動くのだ(笑)。

●一時期、自分のやっている仕事が、高~いプライド(笑)に引っかかっていた。家での仕事は「突然来たら最後、断れない」下請け、外での仕事は指示待ちで自由にさせてもらえない場面あり。私はいったい何をやっているんだろう、とモヤモヤ(^^;)。もっと主体性を持とう……! と今年の初めに密かに思ったもんである(笑)。

●そうそう、趣味のライブハウスでも「何でもやってくれる受け身の便利屋」になりかけていた(笑)ので、「私は本来ベーシストよん♪」と鍵盤担当からおりる(笑)。さも何でも弾けるかのように言ってみたけど、実際にはどれも中途半端☆ 話はそれるけどライブハウスの「アイドルさん」の演奏を、もう1年以上聴けていない。週末に出勤だと、これほど世の中のイベントに参加できなくなるとは。わかっててあえて進んだ道だけど、最近ちょっとフラストレーション(^^;)。仕事終わりに遊びに行ける体力があれば解決するのだけど……朝から夕方まで働いたら、近くの公園で道草食って(ホントに道ばたの雑草の写真を撮りまくってw)帰るので精一杯。

●体力はないけど、これまで全然できなくて抑えに抑えていた「自己主張」に、少し慣れてきたかしらん。ちょっといい感じ(^^)。……ってところで、三足目の草鞋を履いてみないか? みたいな流れがやってきた! 二足履いているけどいずれも「小商い」。三つ目も「小商い」、もう一つ増やしてもいいかも……? ちょっと検討してみる。初対面の人から降って湧いた話、騙されてはいない……よね?(笑) でも臨床心理士先生から「具体的に考えて妄想することで、種がまかれてやる気スイッチが入る」と教わってるんで、スイッチ入れるだけ入れてみる♪

……いろいろハッキリしないけど、まあ焦るまい。1年前よりは肩の力を抜いて出勤できるようになったよ! 少しずつ、進みましょ♪ 

*****************************************************
※当ブログ内の広告は、作成者「nonki」個人の意図しないものです。内容も保証いたしません。
広告リンクの閲覧は、自己責任でお願いいたします。

*****************************************************




# by nonki1068 | 2019-05-11 01:10 | ●日々雑感 | Comments(0)

既にAIの仕事、だったか……(^^;)

●2019年4月2日付、朝日新聞・朝刊31面より、気になる小見出し発見。
------------------------
AIで文字起こし
------------------------
(「ニュースQ3」より)

記事自体は「AIを使った議事録の公開」についてのコラム。原子力規制委員会が、電力会社と面談した際の会話録を公開することにしたんだってさ。その是非についてココで云々したいわけではなく。

経済産業省や防衛省も「AIを使った自動記録を導入している」んだってさ。な~んだ、もう私の仕事は既にAIに奪われつつあるんじゃん(^^;)。まあ、まだ誤字などはあるらしいけど☆

というのも、最近「音声を聞き取って文字データに入力する」お仕事をメインに請けている。いや、それをメインにするつもりはないんだけど、クライアント様からご指名があるのでそれがメインになってしまったのよ。

しかし、お役所が既に導入している「AIを使った自動記録」が民間にも普及したら、現在私が請けている仕事も、そのうちお役御免になるね!? 次を探せってことか!?


●ただね、私はまだAIにはできないと思われる作業をしている。単純に「音声を文字に起こす」だけではなく、繰り返しとか言い回しとかを、意味を落とすことなく読みやすく整えているからね……。頼まれさえすれば、文字起こしからちゃんとした完成記事原稿に仕上げるところまで、ご要望に応じられるし実績もあるからね? 

そっかー、「記事にできます」って積極的にアピールしていかないと、じきにAIに仕事を取られるのか……思ったより早かったな、AI(笑)。

*****************************************************
※当ブログ内の広告は、作成者「nonki」個人の意図しないものです。内容も保証いたしません。
広告リンクの閲覧は、自己責任でお願いいたします。

*****************************************************
# by nonki1068 | 2019-04-04 00:49 | ●お仕事日誌!? | Comments(0)

新しい元号

●一昨日の話だけど、発表になりましたね、平成の次の新元号が。

お昼のニュースで知ったんだけど、官房長官が「令和」の書を掲げた瞬間、「なんかイヤ~!」って反応しちゃった(^^;)。教養のない者から見たら、「令」の字は「命・号」の印象が強すぎて。なんか「お上からの圧迫」ってイメージが……(笑)。

この先ずっと、そんな印象を持って過ごすのも嫌なんで、すぐさま漢和辞典を引きましたとも! 以下、引用。

------------------------
一、
1.命ずる。いいつける。法令などを発布する
2.みことのり。君主の命令。
3.のり。おきて。法令。布告書。「律令」
4.いましめ。おしえ。教訓。
5.おさ。長官。「県令」
6.よ-い よし。りっぱな。すぐれた。「令名」
7.他人の親族に対する敬称。「令兄」
8.文体の名。皇后・太子・諸侯などの命。
二、
1.し-む。し-めば。→助字解説。
2.も-し。たと-い たとひ。仮定の意を表す。「仮令」「縦令」「設令」などのように連用して、もし・たといと読むことが多い。
(中略)
助字解説
1.し-む。使役。(中略)
2.し-めば。仮定。(後略)
------------------------
(出典:「大修館 漢語新辞典」2001年初版、p.69-70/大修館書店。色文字は当ブログによる)


わかってますよ、6.の意味で使っているんだってことは。こちらの了見が狭いだけだってことは(笑)。わかるけど……個人的に他の意味の印象が強すぎて……。第一義が「法令などを発布する」だって。人名に使っている方もいらっしゃるようなので、それも否定していると誤解されてはいけないのだけど……人名なら気になりません。「ある人が」「なんらかの意図を持って」「わざわざ選んだ」「元号」だっていうから、なんかイヤなの。1.を見て……なんか意味深!?(^^;)


●ついでに、「令和」の引用元の万葉集(部分)も見てみようかな。梅の花についての歌を三十二首集めた冒頭にリード文(笑)がついていて、それにタイトルがある……と思っていただければ。そのリード文の二つ目の文章から、このたびの元号の漢字が拾われたわけです。
------------------------
梅花の歌。三十二首並びに序
天平二年正月十三日、帥老の宅に萃(あつま)り、宴会を申(の)べつ。時に初春の月(よきつき)にして、気 淑(きよ)く風 (なご)やかに、梅は鏡前の粉(よそほ)ひを披き、蘭は珮後(はいご)の香を薫(かを)しぬ。(後略)
------------------------
(出典:「新装版 日本古典文庫2 万葉集 上」新装版再版、p.156/折口信夫訳、河出書房新社。同上) ← 上記は万葉集の「巻五」内、通し番号「815」の前に書かれた文章でござる。母が文庫を持ってて、「巻五」なら文庫の上巻にあるだろうと教えてくれたから見つけられた。そーじゃなかったら、自分では(検索機能でもない限り)たどり着けなかったでしょう……分厚すぎて(^^;)。

この文章、当時の「花見」の情景? なんで梅の花のシーンを元号に? 「明日への希望」? 「世界に一つだけの花」? なんかペラい……(^^;)。個人的にイメージが漠としすぎていてピンとこなかった。なぜ、いま、これ?

……ということを、「発表のあった4月1日に旅に出ていた母」に申したら、珍しく共感が得られた!(笑) この点だけは気が合いますな(≧▽≦)。


あまりにも浅学にして意味がわからぬ(^^;)ので、「令月」も調べてみようか。
------------------------
【令月】レイゲツ 1.よい月。2.陰暦二月の別名。
------------------------
(出典:「大修館 漢語新辞典」2001年初版、p.70/大修館書店。同上)

う~ん……う~ん。

学がないからいけないんだけど、どーしてそこから? なんで「よい月」である必要が? 「二月」も関係ないよね? あえてこの文章から選ばなくちゃならなかったとして、例えばなぜ「淑」の字ではなかった? 原典はどんな表記だったんだろ?
------------------------
初春月、気淑風
------------------------
(岩波書店サイト https://www.iwanami.co.jp/news/n29282.html より、該当箇所のみ抜粋)


……漢詩じゃないからどーでもいーんだけど、漢詩だったら例えば最後の漢字で韻を踏むとか、そんなお約束があったよね。三番目の文字と次の句の四番目の文字を拾うことに、なんか必然性(?)が感じられないというか……? ま、漢詩じゃないんだけど。


今回の元号、「初めて国書から選定された」と言われるけど、一方で「中国に似た文章が既にあった」との情報も。そちらもちょいと見てみますかね。
------------------------
仲春月、時し気清らかなり」(後漢・張衡「帰田賦・文選十五」)
------------------------
(岩波文庫編集部ツイッターhttps://twitter.com/iwabun1927/status/1112594364411211776 より抜粋)


ふーん……。

だから……まあ……中国の古典にもあった情景描写の文章(?)だったわけで。国書からとは言っても真似っこ(常套句?)的だったと言えなくもないわけで。個人的にあんまし、重みというか思想というか哲学というか、そんなものを感じなかったのでございます。ああ、今の時代にこれって納得! みたいに腑に落ちなかったっていうか。むしろ戦中生まれの母などは、「万葉集の『桜』は、『貴様と俺とは同期の桜』的な戦争を煽るときに利用された」と(根拠不明ながら)、ナショナリズムとの関連を憂う。そうね、国書、国書って言いすぎるのもなんか違和感あるよね……。


●「平成」の時はどうだったかね……? とくに印象に残ってないけど、「ああ、『平和に成る』? 平和が成就(?)するのね? いいんじゃないっすか?」くらいのもんで(笑)。スンナリ受け流していた記憶が。

まあ、もともと新しいものに馴染むのに時間がかかるタチなんで、じきに慣れるでしょう(笑)。※その「慣れ」がコワイ気も、しないでもない。

いいです。どうせ私は平成に代わったときからずっと、「計算が面倒だから、すべての出来事は西暦で覚えよう!」で、30年あまり来たからね(笑)。仕事で関連事項を間違えさえしなければ、あまり関わりのないこと、って感覚。※世間のお祭り気分には乗れなかったのね。……っていうか、先月末に好きなバンドのCDが発売されたので、そちらでお祭りしてて気もそぞろだったというか!(≧▽≦)


……さて、これだけ余計なことを書けば「引用と主文の主客転倒」は防げましたかね?(笑)

以上、無教養な者による、新元号発表への素直な(無粋な)感想、でした(^^;)。

*****************************************************
※当ブログ内の広告は、作成者「nonki」個人の意図しないものです。内容も保証いたしません。
広告リンクの閲覧は、自己責任でお願いいたします。

*****************************************************




# by nonki1068 | 2019-04-03 22:43 |  ├語句・漢字・表記 | Comments(0)